脱毛

女性にとってムダ毛の処理というのは一生付きまとうといってもいいくらいの問題です。

脱毛をするのはいろんな方法があり、自分の毛の濃さや部位、皮膚の弱さなどを考慮して考える必要があります。

ここでは脱毛の種類の方法をまとめておきます。

サロンに行っての脱毛

脱毛サロンなどに行って脱毛をしてもらう人も多いと思います。

医療行為とそうでないものがあるので、その辺をしっかりと知っておいた方がいいですね。

光脱毛

一般的に多い脱毛サロンと言われるところで行う脱毛のほとんどは光脱毛です。

光脱毛というのは、黒い色素に反応する光を皮膚に照射することによって、毛根の色素に作用して毛根の細胞を破壊するというものです。

破壊するといってもそこまで強いものではないので、一回行く程度では脱毛はできません。

何度も行くことによって毛根の細胞がどんどん弱まっていき、しまいには細い産毛のようなものしか生えなくなって完了というわけです。

光脱毛の機械は医療機器ではないので、威力が弱い代わりにエステサロンなどでも使用できます。

威力が弱いので痛みも少なくリーズナブルです。

レーザー脱毛

レーザー脱毛というのは光脱毛よりも強力なものなので、医療従事者でないと施術をする事ができません。

美容整形外科などの医療機関や専門のクリニックに行くことになります。

レーザー脱毛も光脱毛と原理は同じですが、出力が強いので「永久脱毛」も可能になっています。

また、少ない回数で脱毛が完了するのも特徴です。ただ、その分痛みが光脱毛より感じることが多いです。

医療行為になるのですが、もちろん保険はきかないので高額になりやすいですが、確実に脱毛できてアフターケアもしっかりしているので、確実に脱毛したい場合には光脱毛よりレーザー脱毛を選ぶ方がいいかもしれません。

自宅で自分でできる脱毛

除毛や剃毛も含めて自分でできる脱毛というものもあります。

電気式の脱毛器

脱毛サロンで使用するようなレーザー脱毛や光脱毛の出力を家庭でも使えるくらい出力を弱めて安全にしたものが家庭用脱毛器です。

出力を弱くするためにフラッシュのように点滅するように照射するものが多く、肌への負担も軽いですが威力はやや弱いです。

ただ、脱毛サロンなどに通うのと違って機器を一括で購入する時の経済的負担は大きいのでちょっと勇気がいります。

ブラジリアンワックス脱毛

ブラジリアンワックスを使った脱毛は、肌に優しい素材のワックスをムダ毛のある部分に塗って、固まったら一気に剥がして除毛するというものです。

短時間で毛を抜くことができますが、痛みはやはりあります。

肌に優しい素材なのでデリケートゾーンなどにも使用できるので、脱毛サロンではできない部分の脱毛も可能です。

部分脱毛ならいいですが、全身になると結構痛みに耐えなければならないかもしれません。

また、細胞を破壊するわけではないので、しばらくすると毛が生えてきます。毛抜きで抜くのと同じですね。

除毛クリーム

除毛クリームは毛を抜くのではなく、皮膚から出ている部分を溶かして除去する方法になります。

処理したい部分に塗って、時間をおいて洗い流すだけなので簡単ですが、抜いているわけではないのですぐに生えてきます。

肌に合わない場合もあるので敏感肌の人などはパッチテストなどをしましょう。

電気シェーバー

電気シェーバーは脱毛というより剃るということになります。

剃るだけではすぐに生えてくるので頻繁に手入れをする必要があります。

その分手軽で痛みもなく簡単ですが、濃い場合は剃刀負けする人もいます。